きらら鉄道部 部長室 鉄道のみならず、地元のことだったり、愛車サンバーのことだったり・・・いろいろ書いてます。更新頻度は控えめ??

<<  2008年 3月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
コロッケの気まぐれ日記
最近の記事
ブログが変わります
04/24 16:29
光、防府、秋穂
04/17 17:15
夜の3両編成
04/12 21:57
恵比須様
04/11 22:55
宇部線沿線のさくら
04/09 18:58

ふる鉄総会に行ってきました

ふる鉄の総会に行ってきました。
今回の会場は、天竜二俣。

仕事が終わって、新山口から寝台特急に乗り込む。
朝イチの新幹線でも間に合うんだけど、せっかくなのでブルトレで。

乗ったのは、B寝台。いわゆる開放寝台ってやつ。
乗る3週間前にBソロ空席を確認した上で予約しとったのに、切符は開放寝台になってた。
まぁ、しょうがない。たまには開放寝台でも良かろう。

浜松には定時到着。

初めて、浜松駅に降り立ちました。
駅の中にある喫茶店で朝食。
朝食を済ませたら、ちょうどお土産店が営業開始したので、早めに土産モノをチョイス。
コインロッカーに荷物を入れて、とりあえず豊橋まで戻る。


JR東海の標準車??的存在の313系。初めて実物を見ました。
これは豊橋で撮りました。浜松から豊橋まではコレぢゃなく、211系でした。

豊橋に戻ったのは、コレが見たかったから。

豊橋鉄道の電車。
切符売り場でいろいろグッズを売ってたけど、それには目もくれず(爆)、硬券入場券を買いました。

豊橋から再び東海道線で、新所原へ。
新所原から天竜二俣まで、天竜浜名湖鉄道「天浜線」で移動。
やってきたのは、形式は知らんけど、三セク標準車っぽいディーゼルカー。

途中の何ていう駅だったか忘れましたが、途中までずっと浜名湖が車窓に広がり、印象に残りました。三セクの車窓って、イイとこ多いんですよね。

そうこうしてるうちに天竜二俣に到着です。
ここで頑張ってるのが、ふる鉄・天竜二俣キハ20修復ワーキンググループ。

数年前までボロボロだったキハ20がここまで綺麗に甦りました。
レイルマガジン編集長のブログでも紹介されてますので、こちらをご覧いただくと、一目瞭然です。
http://rail.hobidas.com/blog/natori/archives/2006/11/20_1.html
いまにも動き出しそうなキハ20に感動です。
我がヨ9001(http://www.geocities.jp/aka_yo9001/index.html)も頑張らねば!

総会終了後、浜松より再び「富士・はやぶさ」で帰ってきました。

浜松駅ホームの時刻案内、懐かしいパタパタ式ですよ!
帰りのB寝台の開放寝台・・・のハズでした。
出発20分前、ダメもとでみどりの窓口で聞いてみると「Bソロは満室ですが、A寝台のシングルデラックスならキャンセルが出て2室空いてますよ」とのこと。
これを逃すと「富士・はやぶさ」でA寝台乗る機会無いかもしれない!!と思い、すぐ「それで乗変お願いします!」と言っちゃった!(苦笑)
ということで、帰りは「シングルデラックス」でリッチな気分に浸りながら帰ってきました。
これが最初で最後のA寝台になると思います。もちろん、切符は乗車記念で貰って帰りました。

とどめ!?は、兵庫県内で起きた人身事故の影響で足止めをくらい、約1時間40分の遅れで新山口には9時13分に着きました。
宇部線への接続が微妙な感じ(1839M 9時13分発)でしたが・・・車掌さんが指令に連絡してくれたおかげで、無事宇部線へ乗り継ぐことができました。
おかげさまで、宇部線は約2分遅れさせてしまいました(汗)
日記 | 投稿者 きらら鉄道部長 20:55 | コメント(1)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
二俣出張お疲れ様でした。
嫁の実家がこの界隈にある関係上,富士はやぶさを浜松で降りるパターンは何度も使っております。浜松に着いてから店が開くまでの30分が微妙にかったるくはありますが(苦笑)
天竜二俣駅のキハ20,綺麗になったんですね。約3年前に撮った時はまだボロボロ状態でした。
投稿者 栗の子もみじ 2008/03/23 23:07
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
ホビダス[趣味の総合サイト]