きらら鉄道部 部長室 鉄道のみならず、地元のことだったり、愛車サンバーのことだったり・・・いろいろ書いてます。更新頻度は控えめ??

<<  2008年 5月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
コロッケの気まぐれ日記
最近の記事
ブログが変わります
04/24 16:29
光、防府、秋穂
04/17 17:15
夜の3両編成
04/12 21:57
恵比須様
04/11 22:55
宇部線沿線のさくら
04/09 18:58

阿知須十七夜祭

昨日(5月17日)は、地元・阿知須でのお祭り「阿知須十七夜祭」に参加してました。

阿知須にある恵比須神社、海の神様のお祭り。
阿知須浦の小古郷・東条・縄田・西条・砂郷の5地区(ちょっと前は中村区も参加してたので6地区)が毎年持ち回りでやってましたが、昨年からは5地区の連合で行われてます。

朝から、踊り曳き山・・・そして、夕方からは御輿。
御輿は管弦船に載せて、18時半頃から阿知須沖まで。
夜は阿知須の初夏を飾る花火大会。

管弦船が出港する頃には、花火を見る多くの人が漁港広場を陣取ってました。
花火が始まる前に提灯付けた船が漁港内をグルグル回って沖に向かって出ていく。
花火だけを見に来る人にとっては、意味が分かんないでしょうねぇ。



いちおう??自分も阿知須浦の某地区に住んでますので、管弦船に乗せてもらいました。
船に乗り込んで、岸壁を離れて漁港広場を見るという「優越感」が何ともいえません(笑)
その「優越感」に浸りながら、何枚かデジカメで撮ったものを載せましょう。

まず、出港時の夕焼け。新聞記者が堤防から撮ってましたが、こちらは船の上からですが、何か(笑)


消えゆく阿知須のシンボル??合板工場の煙突と、管弦船。
来年の十七夜祭のときは、もうこの組み合わせも見ることができません。


これからは、こっちが阿知須のシンボルかな?? きららドームと管弦船。
こんなアングルが撮れるのも、祭参加地区の特権(^^)


ちゅうわけで、今年の十七夜祭も楽しく終わりました。




★おしらせ★
阿知須の不動産屋さんが運営してる「ア地スブログ」に、このブログを載せていただきました(^^)
http://ajisu.chicappa.jp/blog.html

「Ajisu Project」というページのひとつです。
http://ajisu.chicappa.jp/
「あじす」をもっと知りたい!!っという方、ぜひ、「Ajisu Project」をご覧ください(^^)
日記 | 投稿者 きらら鉄道部長 21:22 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
ホビダス[趣味の総合サイト]