きらら鉄道部 部長室 鉄道のみならず、地元のことだったり、愛車サンバーのことだったり・・・いろいろ書いてます。更新頻度は控えめ??

<<  2009年 8月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
コロッケの気まぐれ日記
最近の記事
ブログが変わります
04/24 16:29
光、防府、秋穂
04/17 17:15
夜の3両編成
04/12 21:57
恵比須様
04/11 22:55
宇部線沿線のさくら
04/09 18:58

木次線へ

昨日8月26日、夏の18切符消化も兼ね、初めて木次線へ行きました。

まずは新幹線で新山口から広島までワープ。(こだま732号)


広島から芸備線で北上。
広島からは、1854Dで三次。三次から354Dに乗り継ぎ、備後落合へ。

山間の駅ってことで、雰囲気は文句なし。
駅員さん居るんかと思ってましたが、無人駅なのね・・・

さぁ、やってきました。
今回のメイン「奥出雲おろち号」トロッコ列車。

指定券は広ナトさんに取っていただいてましたが、所用で一緒に行くことができなくなってしまい、私一人で乗車。
(広ナトさん、ありがとうございました)

さて、トンネルに入ると・・・

おぉ、オロチが天井に浮かび上がったぞ!

トロッコ、最大の目玉??

国道のオロチループ!初めて見るけど、すげぇ!

でも、個人的にはこっちが楽しみでしたよ。
「三段式スイッチバック」

スイッチバック、実は体験するのは初めてだったり(笑)
一般客に混じって、しっかり撮影^^

スイッチバック上にある駅が、出雲坂根駅。
駅の端に水が湧き出ているのは有名ですね。実際見たのは初めてですし、ペットボトルに汲ませてもらいました。


これで長生きできますかね(笑)


出雲坂根駅をあとにしたトロッコは、八川駅へ。

ホームから、おばちゃんが蕎麦を売りにきたので、昼食用にゲット。
700円でした。久しぶりの出雲蕎麦、美味しかったです。
木次線の蕎麦といえば、亀嵩駅なんですが、トロッコ列車から買うには予め電話予約しておかねばならず、電話するのを忘れてたもんで(汗)

自然豊かな沿線と、気持ちの良い風を満喫^^


約2時間のトロッコを楽しみ、終点木次に到着。
木次からは1454Dで宍道に抜けますが・・・

やってきたのは、なんと、キハ120形のトップナンバー!

木次線に乗るのは初めてで、その約半分をトロッコに乗ったわけで。
木次から先のキハ120形に乗って分かりましたよ、木次線。
R160のカーブとか、どうよwって感じで。徐行しまくりですね(汗)
まだ乗ったことないんですが、三江線も似たようなものなのかな。

宍道に到着し、木次線ホームを見てたら・・・

これは、タブレット置き場ではないですか!
CTCになって久しいと思うのですが、まだ残ってましたか。

宍道からは、3457D快速アクアライナーで浜田へ。
そのアクアライナー、キハ126形の、これまたトップナンバー!
うーん、運が良いのかどうか??

浜田に到着して驚いたのは、駅が橋上化していたこと!

以前、列車で浜田に来たのは7年前。
浦島太郎ですよ(笑)

浜田からは353D(キハ120の2連)で益田へ。
益田で、益田鉄道部さんにお会いしまして、夕食を共にしました。(益田鉄道部さん、ありがとうございました)

そして、益田からは山口線新山口行き最終の2552Dに乗り込み、新山口へ。益田から新山口まで通しで乗ったのは、私だけ(笑)

新山口を出たのが朝7時34分。帰ってきたのが22時04分。
約14時間半という長丁場でしたが、ぶち楽しかったです。


浜田からの山陰線車内は最後部から撮った、旅を感じさせるような写真で締めくくりたいと思います(笑)
乗り鉄 | 投稿者 きらら鉄道部長 21:18 | コメント(1)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
亀嵩のそばは、おろち号車内からでも買うことが出来ます。(電話予約無しで・・) 余分に持っているようで私も予約無しで2回ほど購入経験があります。W
投稿者 VFR-P 2009/09/08 17:59
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
ホビダス[趣味の総合サイト]