きらら鉄道部 部長室 鉄道のみならず、地元のことだったり、愛車サンバーのことだったり・・・いろいろ書いてます。更新頻度は控えめ??

<<  2010年 12月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
コロッケの気まぐれ日記
最近の記事
ブログが変わります
04/24 16:29
光、防府、秋穂
04/17 17:15
夜の3両編成
04/12 21:57
恵比須様
04/11 22:55
宇部線沿線のさくら
04/09 18:58

あそ1962 その3

その2 からの続き。

立野駅に着いて、真っ先に買ったものはニコニコ饅頭。
こちらのサイトに詳しく出てます → http://www.geocities.jp/joysunny/kurokawa/kurokawa51.htm


もう、撮影会状態でしたよ(笑)
久しぶりに聞くDMH17エンジン音がたまらん、でした。
思わず、携帯を取り出し、ホームからエンジン周りに携帯を近づけて、録音機能を使ってキハ28とキハ58、それぞれ1分程度録音。
家で聞くと、その日のことがよみがえります(笑)

立野駅といえば、スイッチバック。

昨年夏、木次線で体験しているので、2度目のスイッチバック体験。
案内板にもあるとおり、Z型のスイッチバックとしては日本最大。そのスイッチバックを貴重なキハ58系に揺られて登っていく・・・なんて贅沢な(笑)

立野駅で駅弁が積み込まれます。
あらかじめ予約をしておく必要がありますが、「阿蘇のうなり弁当」という特製弁当があります。1つ1200円で、あそ1962車内限定なので、食べるしかない!ということで、列車に乗る前週に門司港駅で予約しておきました。
車内の引換所に行くと・・・

おぉっと、弁当・弁当・弁当・・・山になってますよ。
大人気なんですねぇ。

さっそく開いてみましょ。

この、容器がイイ感じです。
阿蘇米の炊き込みご飯、馬スジの煮込み、あか牛のハンバーグ
などなど・・・地元の「おいしい」具材盛りだくさん。
なぜ「うなり弁当」なのか・・・聞いてみると、毎年7月に阿蘇神社で開催される五穀豊穣の「御田植え祭り」の御膳料理「うなり」にちなんで命名されたものだそうです。

弁当をつついている間に列車はスイッチバックの転向線に着いてしまいました。
そして、エンジンをうならせて急勾配を登っていきます。当然、足下から振動も伝わってきます。

けっこう高いところをよじ登ってます。
写真真ん中あたりが、先ほどの立野駅。

車内で誰かが「カメラマンがいっぱいいる!」
ふと目をやると・・・

いらっしゃいました。撮影お疲れさまです!
なぜここで撮ってるのか、列車から振り返ってみて納得。
ここが、SLあそBOYの写真をよく見る有名撮影地のようです。

スイッチバックを過ぎると、車窓には阿蘇外輪山の綺麗な山が見えてきます。

客室乗務員さんも「進行方向右側には・・・左側には・・・」とアナウンス。
こちらも、アナウンスにひかれて右に左に首をふりふり(笑)

客室乗務員さんいわく「このように左右どちらとも綺麗な姿を見ることができるのは貴重です」

「噴煙が少し上がってますが見えますでしょうか?」

写真で分かりますかねぇ・・・真ん中あたり、少しだけ白い煙が上がってるのがソレです。

車窓からの眺めを楽しんでいたら、終点の宮地駅に到着です。



おもしろい形をした駅舎ですねぇ。
ネットで調べてみたら、阿蘇神社にちなんだ造りになっているみたいです。


構内にあるターンテーブル。
あそBOY運転時、ハチロクはここで方向転換してました。
このターンテーブル、もともとここにあったものなのか??
ググってみたら、どうも吉松駅にあったものを移設したらすぃ・・・本当かどうか知らないので、誰か教えて!

さて、ここから先は再び普通列車の旅です。

(つづく)
乗り鉄 | 投稿者 きらら鉄道部長 20:47 | コメント(2) | トラックバック(0)

あそ1962 その2

続きです。

リレーつばめ車内ではウトウトしてしまいましたが・・・
上熊本駅では熊本電鉄があるのを忘れてました。電鉄のほうを見てみるも電車はいない・・・青ガエル見たかったな。

さぁ、熊本到着です。

あそ1962は・・・0番線Aのりば。

ふと目についた自販機。

さすが、SL人吉の出発駅。
ハチロクがラッピングしてありますよ。
新山口1番線の自販機はレトロ調のラッピングはしてありますが、ここまでは無いなぁ。


さぁ、あそ1962とご対面。
キハ58の前では記念撮影。ご多分にもれず、私も記念写真を撮ってもらいました。


こちらはキハ28側。

発車時間が近づき、乗り込むことにします。

この列車、全席指定となっています。あらかじめ山口駅で指定席券をゲットしておきました。
し・か・も、機関の真上! DMH17エンジン音がもろに聞こえてくるというベストポジション(笑)


車両後部から乗り込むと、サイクルスペースがあります。
キハ28には5台、キハ58には3台積めるようです。
観光列車に自転車を載せることができるというのは、グッドアイデアだと思います。


客室内はこんな感じ。
基本的に座席配置はオリジナルのままかな。座席間には弁当が広げられる程度の小さなテーブルがあります。
蛍光灯に柵が・・・これは後付けだと思う。扇風機カバーにはJNRマークが残ってました(後付けしたのかな?)
床は昭和30年代をイメージして木張りになってます。

ほどなく、客室乗務員による検札があり、記念乗車証も配られました。
そうそう、この列車はワンマン列車なんですよ!なので車掌さんはいません。代わりに客室乗務員が検札や観光案内をしてくれます。

記念乗車証はさよならバージョンみたい。
12月で引退になっちゃうみたいです。ということは、キハ58系に乗るのもこれが最後かも・・・引退になるという話が出てから乗りに行くのを決めたんですけどね。

そうこうしてるうちに、列車は立野駅到着。


(つづく)
乗り鉄 | 投稿者 きらら鉄道部長 16:35 | コメント(2) | トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]